ABOUT

佐賀ファクトリーブランディング事業について

事業の目的

佐賀県経済を支えるものづくり産業の最重要課題である人手不足を解消するためには、ものづくり産業に対して根強く残っている「きつい」、「危険」などのマイナスイメージを払拭し、プラスのイメージを高めていく必要があります。
本事業では、働く場としての県内ものづくり企業の価値を向上させ、求職者が就職先として選択したくなる環境整備を目指しています。

事業内容

総合ディレクターを設置し、ブランディング戦略に基づき、3Kイメージ(「きつい」「汚い」「危険」)からの脱却に向けた、ものづくり企業へのハード支援・ソフト支援を行っていきます。